子どもと想像力

>

屋内で行う遊び

公園にあるもの

ここでは、公園にあるもので想像力を高めるような遊びができるものを紹介していきたいと思います。公園というと、遊具が危険だ、砂場も危険だ、なんてニュースもあったりしました。ですが子どもの想像力を養うにはもってこいの道具たちなのです。それでは、紹介していきましょう!
まず、砂場をご紹介します。この記事を読んでいただいている方は、一度は遊んだことのあるものではないでしょうか。砂場では、お団子を作ったり、山を作ってトンネルを掘ったり、落とし穴なんてものを作った経験があるのではないでしょうか。そんな砂場ですが、想像力を高めるには、最適なものなのです。砂しかないため、そこから何を作ろうか、どのようにして形にしていくか、などと考えることの助けになるのです。

五感を刺激するべし

ここでは、子どもの「五感」を刺激するような遊びをご紹介していきたいと思います。「五感」というと、味覚、視覚、触角、嗅覚、聴覚の5つがあります。それを同時に刺激できるものが、「自然」です。身の回りには自然のものと人工のものがあふれています。都会の方では人工のものが多い傾向にありますが、少し田舎の方に行くだけでもまだ自然は溢れかえっています。そんな自然を利用することで、想像力を高めることができます。山の中にいる動物や植物をみたり、川や海にいる魚や貝などと触れ合ったり、そんな自然と触れ合うことで、これはどういうものなんだろう、これはどうやって動いているのだろう、なんて想像が膨らみますし、その後調べることだってできます。そのようにして想像力は豊かになっていくのではないでしょうか。


この記事をシェアする
▲ PageTop